医師が円満退社するには。医師のバイト生活。


医師が転職するにあたり、必ず通らなければいけないのが退職。
この退職は、医師にとっては非常につらい事となり、様々な妨害も会ったりして、簡単に退職出来ない場合も多いとか。

こんな退職するにあたり大変な医師の退職はどのようにするとうまくいくのか?

やはり医師の退職には、退職の意思表示を上司へ行う事が重要となります。
つまりは、医師における直属の上司であるとか、人事責任者等が、その退職を伝える相手に最適です。
医師の退職には、やはり妨害と言いますか、引止め作戦が、色々と行われる傾向にありますから、その作戦にあわないためにも同僚もしくは、周りの人間には退職を内密にして話を進めていく事が重要です。

噂が事前に広まり、最後にその噂が上司へ伝わったという事になると、当然、円満な退社はありえませんので、円満退社を望むなら、あえて上司だけに退職の思いを伝えておくというのが正解です。
更に円満退社を心がけるなら、就職規則に従う事も当然必要ですが、早いうちに退職の意思表示はするべきです。

法律の上では、転職をする場合、退職の得週間前の意思表示で良いのですが、医師の場合は、就業規則で退職届の提出期限を規定されている可能性も考えられますから、その辺野確認は、退職を決める時にしておくことも大切です。
いずれにしても、医師という仕事には、引継ぎ等も色々と考えられますから、早めの段階で、その意志を伝えるべきと思います。
ただ、この場合の退職理由は、あくまで一身上の都合でという形が適していると思います。

又医師という仕事は、外来もしくは病棟等のローテーションに入る場合も考えられ、主治医としての長期療養患者を担当する場合は、立場や役目がありますので、他のスタッフには極力迷惑をかけないような配慮が必要ですし、その場合、引継ぎのスケジュールを組む等というような事も考えておくべきと思います。

円満退職には、何より周りに迷惑をかけずに、今まで行っていた役目をきちんと引継ぎ、後を濁さない事が肝心です。
また、場合によっては、引継書を作成する場合もありますので、その辺も転職、退職をする場合は、事前に確認しておくべきかと思います。

いずれにしても円満な退職を心がけるには、何より周りに迷惑をかけるような辞め方をしない事は言うまでもありませんが、事前にきちんと上司へ報告しておく、思いを伝える事が重要で、あくまで内密に進める事が肝心です。
もちろん退職理由も例え、不満な元の退職でも一身上の都合による退職で押しきる事も必要でしょう。

医師当直バイト求人サイト  医師のアルバイト(定期非常勤求人)ならDtoDコンシェルジュ

このブログ記事について

このページは、れいが2013年7月 9日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「挫折を繰り返して立派な看護師になる!」です。

次のブログ記事は「自分のペースで進めて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。