マフィン

マフィンを焼きました。
ちょっと変わったマフィン、といっても、抹茶を混ぜただけです。
魔フォンの定義が分からないので、あれもマフィンといえばマフィンなのだろうと思う。
私がマフィンだっていえばマフィンでしょ?作ったのは私だものね。

そのマフィンですが、10個くらい作ったのに翌日にはなくなってしまいました。
子供を連れて知り合いが遊びに来たからです。
それくらい美味しかった、ってことだと解釈して、
それでも子供たちは、今度は普通のが食べたいって言い出した。

あれ?抹茶味ってダメですか?
大人のアジかなーー?

なので今度は抹茶を入れないで作ってみますが、抹茶も食べたいので、2種類か。。
それも悪くないね、皆が喜んでくれるなら作りますよー、簡単だし。

その日に連絡くれたら、すぐに作ります。
朝メールくれたらすぐに作って、午後に食べられる。これっていいね。
あんなに美味しいって食べてもらえるなんて光栄です。

そんな平和な日々が続きますように。

このブログ記事について

このページは、れいが2017年9月 1日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「洗濯機の音」です。

次のブログ記事は「マスク文化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。