配偶者の介護

自分と配偶者の年齢が離れているなら別だけど、介護(この場合年齢によるもの、とする)が
必要になった人の介護をする人も少しは年齢がいってるはず。
こうなると、それまで夫婦としてやってきた生活のよって
その介護の仕方が変わるような気もする。

大女優さんが、映画監督である夫の介護をするために仕事をやめたか
セーブしてるという記事を読んで「なるほど・・」と思ったものです。

それまで一緒に頑張ってきたからこそ、女優をやめて(またはセーブして)
こういう行為になるんだよね。

そうじゃなくても介護うる人は大勢いるけど、内容はまったく違うものだろうなって。

いつかは自分の身にも怒るかも、、ってことで、この記事を教えてくれた友人がいまして。
その友人も旦那さんが介護になるかも、、という不安を抱えています。
愛情はあるけど、仕事もあって大変になるからどうしよう、、というものでした。

愛情があるなら仕事はいさえるべき、と心のなかでは思ったけど言わず、
何か出来る事があったらお手伝いをすることしか自分には出来ないな、って思いました。
介護の件って話がつきないですねー。

自分はまわりに迷惑かけないようにしなくては。

このブログ記事について

このページは、れいが2019年11月 1日 12:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「屋根裏」です。

次のブログ記事は「おおきな石」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。